お歳暮の定番

メインイメージ5

お歳暮特集TOP > お歳暮の定番
 

 お歳暮の定番といえばと聞かれたら、あなたは何を連想しますか?
多くの方が、「ハム」を連想されるのではないでしょうか。それは何故でしょう。

 そこには、いくつか理由があります。
・1つ目に、「ハム」が高級品であるイメージがあるからです。
そもそもハムはとても高価なものでした。明治になって初めて日本でも製造されるようにはなりましたが、
明治から昭和初期までは、高級品過ぎて一般の家庭には並ぶはずのないものでした。
大正時代の物価で表すと、ハム一本が米俵1俵に相当しました。それは当時では、
公務員の初任給のおよそ3分の1に相当しました。その流れもあり、今でもハムは高級品というイメージが
あるのです。そのイメージから大切な方へのお歳暮によく選ばれるのです。

・2つ目に、「ハム」は万人うけするからです。
ハムが好きな人はいても、ハムが嫌いという人は少ないでしょう。幼い子供から、
ご年配の方まで幅広い層に受け入れられるのがハムの一つの特徴と言えます。
そのため、誰にでも贈りやすい品物としてお歳暮によく選ばれるのかもしれません。

・3つ目に、「ハム」は日もちするものだからです。
未開封ならば、冷蔵で2〜3ヵ月、冷凍ならば6ヵ月〜1年ほどはもつと言われています。
開封したものですと、冷蔵で2〜3日、冷凍で1ヵ月ほどもつと言われています。
(保証するものではございませんので、賞味期限や消費期限を遵守してください。)
そのため、いつ送っても日もちするものだから、相手の都合で食べることができるという理由で
お歳暮に選ばれているのかもしれません。

・4つ目に、「ハムの人」のCMの影響。
ある大手ハムメーカーが2000年頃からお歳暮のギフトシーズンに、CMに起用された
サラリーマンに扮する俳優がハムを持参した訪問先の子どもたちに「ハムの人」と言われたり、
道行く人に「あっハムの人だ」などと言われたりするCMを打ち出して話題になりました。
その影響からか、お歳暮=ハムというイメージが深く根付いたのかもしれません。

・5つ目に、「ハム」は主婦の味方だからです。
ハムは、開封して包丁で切るだけで、食卓を飾る1品になってしまいます。
また、毎日・毎食、食卓に並んでいても気になりません。食べる際に手間がかからない
というのも、お歳暮によく選ばれる理由なのかもしれませんね。

 お歳暮といえば「ハム」以外にも、お歳暮=冬という季節的な要因から、お酒や年越しのための
蕎麦もよく贈られています。大事なのは、お相手のことを考え、お相手が好きな品物や喜んで
くれるだろう物をお贈りすることです。そうすることで、お相手の方にもあなたの感謝の気持がより伝わるのです。
 

ページの先頭へ戻る