お歳暮の時期

メインイメージ3

お歳暮特集TOP > お歳暮の時期
 

 お歳暮を贈る時期は、11月末から12月25日頃に贈るのが一般的です。
お中元の様に地域などでの贈る時期の違いや、明確な時期の決まりはありません。

 では、ここでは企業間でのお歳暮のやりとりについてご紹介します。

 日本社会では、取引先の企業の担当やその上席にお歳暮を贈る習慣が広く定着しています。
1990年代頃までは、大手企業を中心に、広く歳暮贈答を行うことがありました。
 現在では、国家公務員倫理規程第3条第1項の癒着を防ぐ法令により、
公務員が許認可等の相手や立入検査等の相手、契約の相手方などの利害関係者から、
お歳暮などの金銭・物品を受け取ることが禁じられています。

 民間企業については、法令で規制・禁止されてはいないので、現在でも企業間のお歳暮の贈答は
盛んに行われています。
しかし、一部では、コンプライアンス確保のために企業方針として取引先からの高価な贈答品の
受け取りを自粛する企業が多くなってきています。
お歳暮の予算感については、お相手との関係性によって考えるといいでしょう。
 

ページの先頭へ戻る