おせち(御節)料理の盛付と込められた意味

メインイメージ5

おせち通販特集2014TOP > おせち(御節)料理の盛付と込められた意味

 前項ではおせち(御節)料理の基本をお伝えしましたが、ここでは、そこに込められた意味をお伝えしようと思います。

黒豆…
真っ黒に日焼けするほどマメに働けるようにとの意味が込められています。
(道教では、黒=魔(邪)除けの意味もあります。)

数の子…
数の子は、ニシンの卵ですが、一粒一粒が卵です。
その卵の数の多さから、数の子は子孫繁栄の意味が込められています。

田作り(ごまめ)…
五穀豊穣の意味が込められています。
イワシを肥料にすると5万俵もの米が実るとの謂れに由来しています。

紅白かまぼこ…
その形の通り、初日の出を表しています。
また、紅白の色は縁起が良いとされています。

伊達巻…
文化・学問・教養を持つことを願うという意味が込められています。
くるくるしたその形は書物(巻物)をモチーフとしています。

栗金団…
金運を願うという意味が込められています。
金団=金色の団子という意味です。

お多福豆…
幸福を意味しております。
福が多く訪れますようにという願いです。

鰤の焼き物…
出世祈願の意味が込められています。
鰤(ブリ)は出世魚です。
地域によって呼び名が異なりますが、
ワカシ・イナダ・ワラサ・ブリの順に大きくなります。

鯛の焼き物…
めでたい(めでタイ)。有名なダジャレですね。

海老の焼き物…
長寿祈願を意味しています。
海老は、ひげが長く腰が曲がっている様子から、老人を連想させます。

うなぎの焼き物…
こちらも出世祈願を意味しています。
うなぎのぼりという言葉からきています。

昆布巻き…
昆布に「子生」の字をあてて子孫繁栄を意味しています。
同時に昆布巻きは、その見た目から伊達巻と同様、巻物を連想させ、文化・学問を象徴する意味を持ちます。

芽出しくわい…
めでたいのダジャレ

花蓮根(れんこん)…
蓮根は、穴が空いていますね。見通しが聞くということで将来が見通せますようにとの意味が込められています。

おせち(御節)料理には、それぞれ色々な意味が込められています。
皆さんも、一つ一つの料理に込められた意味を知りながらいただくと、より一層めでたさが際立つかもしれませんね。

表示モード: スマートフォン | PC
ページの先頭へ戻る