贈る時期について

メインイメージB


お中元ギフト特集TOP > 贈る時期について

 
お中元を贈る時期は、東京などの首都圏では7月はじめから7月15日ごろまでですが、
関西や地方ですと7月はじめから8月15日ごろまでに贈るのが一般的です。

 では、何故首都圏と関西や地方で贈る時期に違いがあるのでしょうか。
お中元とはでお中元の「中元」について説明しましたが、中元=7月15日は陰暦(旧暦)です。
旧暦を単純に新暦になおした時には中元=8月15日です。関西では、旧暦に合わせる習慣が
あるためお中元をひと月遅れの8月15日までとしています。
関東では、旧暦で7月15日でしたので、そのまま新暦でも7月15日としました。
関西のかたは、首都圏の方にお中元を贈る際には、時期に気をつけたほうがいいかもしれません。
お中元を贈る時期で迷われたら、どの地域でも贈る時期が重なっている
7月1日から7月15日までに贈ると間違いないですね。

お中元を贈る際は、時期だけでなく「のし」の書き方などの気になる点が他にも御座いますが、
それらの点についてはお中元の贈り方・マナーでご紹介をします。


 切手・グッズから探す     
フレーム切手
  • フレーム切手配送時期

  • ふるさと納税
 
  • 公式facebook
 
  • 配送状況検索