お中元とは

メインイメージA


お中元ギフト特集TOP > お中元について


 「お中元」とは「お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて物を贈ること」
またはその品物を指すということは、皆さんもご存知かと思います。

  それでは、お中元の「中元」という言葉はどんな意味があるのでしょうか。
「中元」とは、陰暦7月15日・三元の一つを指します。三元とは、天官・地官・水官の
いわゆる三官(道教の神様)を指します。その生誕の日をそれぞれ
上元(1月15日)・中元(7月15日)・下元(10月15日)といい、
道教では祭日とされています。

また仏教では、盂蘭盆経等に見える目連尊者の孝行譚により、
六朝後期以来、寺院では盛大な盂蘭盆会が開かれ,迷える亡者を済度しました。
このため後世,鬼節とも呼ばれます。こうして六朝の終りには、
中元はすでに道教・仏教共通の祭日となりました。

 しかし、日本では上記のような風習は定着しませんでした。
日本に伝わり、血縁による家族関係で一年の節目に物を贈るという風習に変化しました。
それから、室町時代から武家の主従関係で分家から本家に1年の節目に物を贈る
ということが行われるようになりました。
さらに商売が大きく発達した江戸時代から、商人達に伝わり、取り引き先へのご挨拶として
物を贈るようになります。 戦後になると身分制度自体なくなったので、
お中元は今日のような贈答習慣としてすっかり定着しました。
 


 切手・グッズから探す     
フレーム切手
  • フレーム切手配送時期

  • ふるさと納税
 
  • 公式facebook
 
  • 配送状況検索