カーネーションとの関係について

母の日ギフト特集 > カーネーションとの関係について
 

 母の日には、カーネーションを贈るのが一般的です。
ここでは母の日とカーネーションの関係の始まりについて記載します。

 カーネーションとの関係が始まった起源も、やはりアメリカ人のアンナ・ジャービスでした。
彼女が行った初めての母の日の催しの際に、前出の国際母の日協会に飾ったのが、
彼女の死んだ母が大好きだった白いカーネーションでした。これをきっかけに母の日が
始まったこともあり、アメリカでは母親が元気な人は赤いカーネーションを、
母親が亡くなっている人は白いカーネーションを胸に飾るようになりました。
その風習は、時代とともに形を変えて、プレゼントやギフトとしてカーネーションを贈る風習へと変わっていったのです。

 カーネーションの花言葉は、「女性の愛」「感覚」「感動」「純粋な愛情」です。
母の日にカーネーションを贈るということは、「女性の愛」・「純粋な愛情」=「母の愛情」を母へと返す、
そしてそこには「感動」という感覚があふれる、そんな意味なのかもしれませんね。

 ちなみに、赤色のカーネーションの花言葉は、「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」です。
母の日には、赤色のカーネーションを贈るのがいいかもしれません。
 

ページの先頭へ戻る